新着情報

札幌みんなの不動産 ブログ20 夢のマイホームの住宅ローン! 定年までに終わらないのは大変危険!

  • 2021.4.26

 

新築・中古住宅、新型コロナ蔓延中の今、住宅販売で業者の事情もあるのでしょうけど、見込客への売り込みが激しいようです。

月々の返済額を減らすために長期のローンを組む…! 確かに無い訳じゃありませんが、とっても危険です。

(長期ローンを組んでいい人は、繰上返済で早期完済出来る人だけ…)

 

定年しても退職金で払えない…! 最悪です…。(終身雇用が崩壊した日本で退職金が貰える方はいかほど…?)

定年年齢がそのまま引き上げられたのならまだマシ。

でも、一旦退職して、”再雇用=賃金半分かつ年金は65歳まで無し”。これでは99%生活できません。

 

住宅販売の方は、「皆さん、35年ローンですよ…。退職金で返したら良いんですよ…」

なんてことを言いますが、私(FP資格者)の所に相談に来られる方は、

 

「15年ローンでも返せるんですけど、金利低いし20年の方が良いですか…?」とか

「今、2,000万円あります(ただし、子ども2人の教育費込み)。どれくらいのローン組んだらいいですか…?」

 

しっかり考えている方はこれくらい考えています。

その昔、ローンは“ボーナス払い”で全体資金の3〜4割。これでボーナス激減で泣いた人が一杯いました。

令和の時代は、“ボーナス払いは、ほどほどに…”です。

 

その昔、ステップ返済(5年後に返済額が増えるやつ)で予定通りに給料が上がらずに泣いた人も大勢いました、ちょっとだけ社会問題になりました。(奨めていたのが「住宅金融公庫」だったので…)

 

住宅ローンは、借りれる…ではなく、返せるか…? かつ、60歳とか65歳になっても返せるか…?

で考えて下さい。

 

新築住宅」ばかりでなく「中古住宅+リノベーション」とすることで、購入代金を下げることができるかも…

 

 

関連記事